■高優賃は最大25,000円。又は20%の家賃補助。
 高齢者に優しいお得な制度です。
床段差も解消した室内

レンジフードや吊り戸棚付き
のキッチンシステム
高優賃(高齢者向け優良賃貸住宅制度)は、『高齢者の住居安定に関する法律に基づき、高齢者向けの優良賃貸住宅の供給を進めるため、国や地方自治体等が整備補助や家賃負担軽減のための補助を行なう制度』です。急速な高齢化・少子化が進むわが国では、65歳以上の高齢者がいる世帯が2,000万世帯以上になり、その内、高齢者夫婦世帯や高齢者単身世帯で1,000万世帯を超える状況になっています。高優賃制度は、これからの高齢化社会、長寿社会に対応した素晴らしい制度といえます。現在は首都圏の137物件が高優賃対象物件になっています。高優賃の物件は毎月最大25,000円の家賃補助。健康寿命サポート住宅では通常家賃額の20%の家賃補助が付く魅力的な制度です。
■所得に応じて家賃軽減・資格は満60歳以上

高優賃の魅力はなんといっても家賃の軽減制度(家賃補助)です。一定以下の所得の方に対して一定期間、家賃負担の軽減が行われます。家賃の軽減措置が受けられる世帯は、所得金額(所得控除後の金額)が月額15,8万円以下の場合です。例えば、65歳以上で年金収入の場合、120万円までは非課税のため、世帯収入が年間で約309万円以下ならば、所得金額(所得控除後の金額)15,8万円以内に該当します。補助期間は住宅や募集によって異なります。
入居資格は、満60歳以上の単身者か、申込本人が満60歳以上で配偶者と同居の場合、申込者本人が満60歳以上で満60歳以上の親と同居する場合などです。
(所得計算は当センターで行いますのでお気軽にご連絡ください。)

■バリアフリーと緊急時対応サービス
高優賃の対象住宅は首都圏で約120物件。その全てが室内をバリアフリー仕様の最新設備に改良したリニューアル住宅です。床段差の解消や手摺りの設置の他、緊急通報装置を住居内に設置し、24時間、万が一の場合に備える緊急時対応サービス(有料)もついています。高優賃住宅をご希望のお客様方には、家賃補助だけでなく、高齢者の安全に配慮した室内設備やサービスなどに魅力を感じる方も多いのです。
■高齢者に人気の1・2階住戸。空室配信が便利です
当センターが取り扱う公団(都市機構)・公社・都民住宅・特優賃・特公賃・高優賃等の公共住宅は首都圏で約3,600物件以上に上ります。その中でも案外入居難易度が高いのが1〜2階住戸です。エレベーターのない中層住宅(4・5階建)では、1〜2階住戸が高齢者などに人気が高いため、郊外の住宅でも普段空いている住戸はエレベーター無しの4〜5階住戸のみという場合が多く、1〜2階住戸は殆んど空いてないのです。高優賃の募集では、エレベーターがない場合は1〜2階住戸のみが対象ですが、エレベーター付きの場合は上層階も対象(健康寿命サポート住宅等)です。高優賃は家賃補助付きなどの好条件のため、通常物件よりも高倍率である事は致し方ないと言えるでしょう。しかし、高優賃の先着順募集ではインターネットなどで募集情報が殆ど公開されないため、空家が出ても数日空いている場合も多く、毎日の空家情報をより早く入手できれば入居できる可能性は高いのです。当センターのシステムでは、公共住宅の先着順募集を6ヶ月間や1年間に渡りリアルタイムで空室速報。抽選申込代行も併用してご応募いただく事ができます。また、一般公共住宅と高優賃も含め広い範囲でご希望いただく事もできます。


高優賃・健康寿命サポート住宅の詳細はこちらから




 
 


 
 
●住宅情報・TOP ●ライブラリー(賃貸住宅情報) ●サイトマップ ●高優賃抽選
 

(株)住宅情報コールセンター 〒151−0053  東京都渋谷区代々木2-23-1 ニューステイトメナー9階  電話03-3379-3951